Archive for 4月, 2016

URLスキーム(URIスキーム)TouchJW v2が対応!

水曜日, 4月 27th, 2016

TouchJW v2.3 に搭載予定のURLスキーム(URIスキーム)って何?

実は現在公開中の
TouchJW v2 for Win Build 2.2.5に
搭載されています。

ということで簡単に説明したいと思います。iOSやWindowsアプリはURLスキーム(URIスキームということもある。)対応させることが可能です。

一つの例としては ブラウザで「メールはこちら」をクリックすると、メールソフトが起動され、メールの新規作成画面になり、宛先にはブラウザで設定されたメールアドレスが入力済みになります。これは、webページの中に、「<a href=”mailto:hoge@hoge.jp”>hoge@hoge.jpへのメールはこちら</a>」などというhtmlの命令が差し込まれています。

じゃぁ、たとえば、「<a href=”http://soft.anshu.biz/shadow.jww”>ここを開けば日影図をダウンロード</a>」とすると、ブラウザからダウンロードを促されるダイアログボックスが表示されます。そして拡張子に関連付けられた。アプリが起動します。

これは、「http://」という手順を使ってダウンロードするということになります。さて、次の画像のページを見てください。

無題クリックすると開きます。

なにやら、 「touchjw://soft.anshu.biz/shadow.jwwを開きます。」というリンクがあります。これをタップすると、ダウンロードに行かずに、TouchJW v2が立ち上がり、そのファイルをダウンロードせずに直接TouchJW v2で開くことができるんです。!以下の画面

無題

アップバーに「http://soft.anshu.biz/shadow.jww」が表示されています。そして、図面内のファイル名表示に

無題

http://soft.anshu.biz/shadow.jww[From Net] が表示されています。これは、ネットから直接ダウンロードしたファイルであるのを示しています。

そして、アップバーを出すと、「SaveTo」のボタンが、

無題

ダウンロードした、ファイルを保存することもできます。

現在は、Basic認証には対応していませんが、v2.3では、Basic認証に対応し、Webページや、メールに記載された、リンクをタップするだけで、TouchJW v2が開き即座に図面をブラウズすることが可能になります。

現在、元気にiOS版のURLスキームを行っており、フィールドテストを行っています。

急潜航なう。

水曜日, 4月 27th, 2016

ということで、急降下から急潜航へと、このまま浮き上がれないかも?

558x756
ということで、拡販用にリンク用バナーを作成しております。
http://blog.anshu.biz/?page_id=6519
あなたのブログのおともに(^^;..

急降下なう。

火曜日, 4月 26th, 2016

Windowsphone 版なう。

金曜日, 4月 22nd, 2016
wp_ss_20160422_0002.jpg

だいぶ行けました。

けうとえきなう

木曜日, 4月 21st, 2016
IMG_20160421_125317.jpg

あめの八条口なう

これは懐かしい。

木曜日, 4月 21st, 2016

9位なう

木曜日, 4月 21st, 2016

TouchJW v2 for iOS v2.2.6での仕様変更

火曜日, 4月 19th, 2016

TouchJW v2 for iOS v2.2.6での仕様変更

Google Drive アプリの利用可能になりましたが、通常アプリ経由の場合、Inboxフォルダに強制的に保存されますが、Google Drive アプリのように 拡張子を渡さない仕様のアプリの場合は、いったんInboxフォルダにダウンロードされます。その後、ファイルの内容を解析し、拡張子を付加しますが、Inboxフォルダのファイル名は変更することができません。

このため、Inboxフォルダからアプリで設定されている、Destinationフォルダ(出力フォルダ)に移動され、その後ファイル拡張子を付加されます。

このため、以下の2点の状況が発生します。

1)従来のアプリ経由でのファイル渡しの場合は従来通りInboxフォルダに配置されます。GoogleDriveのような、拡張子が渡されないファイル渡しの場合は出力フォルダに移動後拡張子が変更されます。

2)出力フォルダに同名のファイルが存在する場合は「ファイルの移動時」にエラーが発生します。この場合、拡張子無のファイルはInboxフォルダに拡張子のないまま残されます。このファイルを再利用するには、「出力フォルダ」を変更するか、「出力フォルダの同名のファイル」をリネーム(名前を変更)します。

これにより、Inboxフォルダの拡張子の無いファイルが開けるようになります。

また、Windows版では基本、ローカルフォルダを隠しました。これと同じ形でiOS版ではInboxフォルダを隠そうかと考えています。つまり、メール添付やその他のアプリ経由の場合もInboxフォルダに一旦ダウンロードしますが、その後は、出力ディレクトリに転送されるように変更しようかと思います。

これにより、ローカルフォルダやInboxフォルダのセキュリティの関係でファイルのハンドリングが悪い部分を改善できるかと感じます。

現在 v2.3系の作業を行っておりますが、この内容を反映する予定でおります。

TouchJW v2 for Win Build 2.2.5.5

木曜日, 4月 14th, 2016

TouchJW v2 for Win Build 2.2.5.5がリリースされています。
https://www.microsoft.com/…/st…/apps/touchjw-v2/9nblggh1dnqs

ファイル関係のバグが修正されています。

バグのお知らせ

水曜日, 4月 13th, 2016

バグのお知らせ
iOS版TouchJW v2で URLスキームが効かなくなっています。
iOS9系の仕様変更によるものです。
次次回のUpdateにより修正します。

Win版で、ファイル保存時のプロセスが難解になりすぎています。ファイルの保存に失敗する場合があります。
現在、修正作業中です。