TouchJWv2 for iOSをmacCatalyst対応する時の覚書

とりあえず。cocoapodのクラウド系はiOSのキーチェーンに依存が大きいとからしいので全部無かったことにした。

しかし、iOS/iPadOSでは使わないといけないので、切り分ける技術をググっていると、以下のスクリプトを発見

remove_unsupported_libraries.rb

あとは、podで、これを使いまくるだけ。

remove_unsupported_libraries.rbはruby2.6.6が必要なのだが、TouchJWv2の開発環境でこけたのがうちのはruby2.5だったので、コケまくった、永続的に、ruby2.6.6の設定を行なっているが、なぜか、ruby2.5が先に起動するので、これを封じ込めるのに、チビっと時間がかかった。

$ source ~/.bash_profile

これがパーマネントにならない。けど、その都度打ち込む

ということで、AppStoreのVaridateに何度かひっかかったが、無事に、Uploadがまずは、とおった。

 

Leave a Reply

CAPTCHA