v2.14いよいよ

#TouchJW  v2.14 for iOS/iPadOSです。こんな感じです。#iOS #jw_cad
1)Uniode Jw_cadファイルについて
Uniode Jw_cadファイルは少なからず流通している模様です。ただしJw_cad本体はMFCのライブラリによってUniode Jw_cadファイルは正常に読み込めます。
TouchJWv2.14からがUnicode混入のjwwファイルについて、混入しているUnicodeを正常に表示できる機能を搭載しました。
2)LiDAR(Obj)インポートとその拡張機能
各図面系でインポートされたデータを計測できる機能を搭載します。今までは、Jwwにエクスポートしたデータでの計測は可能でしたが、データが多すぎる場合、描画演算に時間がかかる現象がありましたが、測定、回転後、即、計測が利用可能になる予定です。
3)測定機能の強化
測定機能が大幅に強化されています。計測ポインタを移動中にリアルタイムで計測できる機能が実装されています。
v2.14.0 beta Test用
1)内部構造をshiftJIS(MS-KANJI)からWideStringに変更した。
2)JWSファイル読み込み時、文字サイズをレコード内の文字サイズで表示するようにした。
3)Jw_cadデータ測定機能を改良、水平や垂直方向の軸を固定できるようにした。
4)測定機能の操作中にラバーバンドを表示するようにした。またスナップの最適化を行なった。
5)測定機能の改良により、測定ポインタのメニューの内容を変更した。
6)測定スケールを回転した後、測定ポインタが反応しないバグを修正した。
7)測定機能使用中リアルタイムに測定結果が出るようにした。
8)サロゲートペア文字が混入するJwwファイルを読み込んだ場合クラッシュするバグを修正した。
9)200MB以上のファイルを読み込んだ場合の警告メッセージが課金用メッセージになっていたバグを修正
10)クラッシュレポータによる送信情報を追加し出来るだけファイル本体を送信しないようにした。

Leave a Reply

CAPTCHA